募集テーマ

ITで解決する身近な社会問題

科学技術の進歩によって私たちの生活はとても豊かになりました。人類の英知には、とどまるところがない、と本当にそう思います。その一方で、本当に身近な問題なのに、解決できていないこともあります。もったいないなぁ、と思っても廃棄されてしまう消費期限切れの食品[1]、大変なのがわかっているのに使わなければいけない満員の通勤通学電車・渋滞している道路[2]、いけないことだとはわかっているのに無くならないいじめ[3]、などなど、身近なところにもまだまだ未解決の問題は残っています。

また、世の中が変わっていくことで、新たに発生する問題もあります。昨年、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられましたが[4]、今年は、法律改正後、最初の全国的な国政選挙のある年です。大人の世界でも投票率の低下が叫ばれています[5]。若者はどうしたら、政治に興味を持って、政治に参加するようになるでしょうか。とても大きな問題です。少子高齢化や過疎化も、私たちが知恵を出して解決しなければならない問題ではないでしょうか。

これらに限らず、私たちの身の回りには多くの問題があります。進化し続けるIT、このITがさらに進化すれば、これらの問題の中には解決の方向に向かうものもあるでしょう。ITを使った身近な問題を解決させる夢、是非とも聞かせてください。

ITを活かした未来のサービス

ITの進歩によって従来は実現できそうもなかったサービスが、どんどん実現されつつあります。例えば、私たち一般市民が利用している乗用車をタクシーとして利用するサービスが、アメリカを始め、諸外国で提供されつつあります[6]。利用するには、スマホにインストールされているアプリケーションを操作して、最寄りの車を探すという使い方のようです。

サービスとしては、移動手段を提供するタクシーと同じですが、管理しなければならないもの、車の提供者、利用者、配車、支払、車の提供者・利用者の信用情報等々、は、無数にあり、紙の書類や電話を利用していては、到底実現できそうもありません(写真出典:The Baltimore Sun HP[7])。また、この移動のサービスと同じように、空き家や空いている部屋を貸し借りするサービスも実用化されつつあります。「民泊」と呼ばれているもので、考え方自体は、以前からあったものですが、現在は、ITを活用し、商業ベースでこのサービスを提供している会社も存在します[8]。

私たちの生活に欠かせないものの一つとして、「お金」がありますが、このお金にもITを使ったサービスが提供されつつあります。皆さんも、ICカード式の乗車券や専用の電子マネーを利用して、コンビニで買い物をしたり、自動販売機でジュースを買ったりしたことがあると思います。このお金にまつわるサービスはさらに進化し、スマホに表示したコードを読み取ることで支払いを済ませたり、友達に借りたお金を返すのに、スマホのアプリを使ったりすることもできるようになってきています。このサービスも、スマホの普及はもとより、お金のデータを管理するITで支えられています(写真出典:Tech In Asia HP[9])。

これらに限らず、従来は単に「あったらいいね」で終わっていた、便利で楽しいサービスが、ITを使うことで、現実的なものになりつつあります。ITを使った今とは違う未来の夢、是非とも聞かせてください。

ITを使って○○を有名にする

皆さんは、新商品やサービス、流行などをどのようにして知るでしょうか?インターネットのニュースやSNS、テレビや雑誌、あるいは自分がお店で見つけたり、人から聞いたりして、というのが多いかもしれません。世の中には知られていないけれど、良いものがたくさんあると思います。また、そのようなものを世の中に知らせていくことも重要ですね。最近では、ホームページやSNSを利用した情報発信が普通になって来ましたが、単に情報を掲載したり、写真や動画を掲載したりするだけではその他の多くの情報に埋もれてしまい、なかなか多くの人に広まっていきません。そのものの良さを知ってもらったり、気に入ってもらったり、興味を持ってもらったりするには何らかの仕組みが必要になってきます。

皆さんがご存知の“くまモン”は、ゆるキャラグランプリ[10]のインターネット投票で1位となり、その親近感によって改めて熊本県の魅力を高め、地域物産の販売促進や観光客の誘致など地域の活性化に大きく貢献しています。また、過疎化が問題となっている奈良県吉野町では、その山里の空き家(写真)[11]をオフィスに改造した作業環境がネット上で評判を呼び、すでに何名か移住した人も出ています[12]。

これらに限らず、皆さん自身や世の中の人々が素晴らしいと思っているものを多くの人に知ってもらうために、ITはどのように活用できるでしょうか。今あるYouTubeやTwitter、LINEではその素晴らしさを伝えきれない場合もあると思います。ITを使ってものの素晴らしさを伝える夢、是非とも聞かせてください。


参考文献
[1] 農林水産省, 食品ロス削減・食品廃棄物の発生抑制
[2] Yahoo不動産, 東京の鉄道混雑率や依然として厳しい状況(2015年2月15日)
[3] 政府広報オンライン, 「いじめ」しない させない 見逃さない
[4] 日経新聞, 18歳選挙権成立へ与野党、来週にも法案提出(2015年2月18日電子版)
[5] 日経新聞, 民主主義を脅かす投票率低下 (2014年12月17日付)
[6] 染原睦美, 「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは
[7] The Baltimore Sun, Uber, Lyft secure future in Maryland with passage of ride-share law
[8] 玉置亮太, Airbnb「経済効果は2220億円」、民泊条例追い風に日本事業加速
[9] Steven Millward, AliPay Invades China’s High Streets With Mobile Barcode Payments
[10]ゆるキャラグランプリ
[11]空き家バンク制度
[12]読売新聞,社説「移住促進へ文化力を生かそう」(2016年2月6日付)